島村楽器 イオンモール名古屋茶屋店 シマブロ

島村楽器 イオンモール名古屋茶屋店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【店長の管楽器あるあるネタ vol.2】愛知県吹奏楽コンクールを聞きに行ったの巻

吹奏楽ファンにとって夏は外せない!

f:id:shima_c_nagoyachaya:20170811145908j:plain
どうもみなさんこんにちは!店長の宇野です。
3月に始めた「店長の管楽器あるあるネタ」ブログですが、第1号を掲載してからもう5ヶ月も経ってたんですね・・・
「不定期とはいえあきすぎだー!!」
はい、すみません・・・これからは不定期ながらももっと掲載できるように頑張りますっ!

ということで、こちらのシマブロでは7月下旬から2017年愛知県吹奏楽コンクールの結果速報を掲載してきました。
nagoyachaya.shimablo.com

こちらを掲載してから、普段は1日当たりのブログ閲覧数50件程度だったのが、な、なんと!
1日1000件以上にまで閲覧数が増えました!!
中でも最も閲覧数が多かった日が、7月26日の約5200件でした!

ご覧いただいた皆様、ホントにありがとうございます!!

これだけ見られた方が多いという事からもお分かりのように、やっぱり吹奏楽ファンにとって吹奏楽コンクールって年間でも最大のメインイベントなんですね~。
私も、も~かれこれ20ウン年吹奏楽に関わっていますが改めて吹奏楽コンクールの偉大さを実感しました (*´∪ェU`)シミジミ

ある日の私・・・
「(ブログで結果速報を書きながら)あ~、今コンクール真っ盛りなんだよな~・・・」
「高校の時のコンクール悔しかったな~・・・←高3のコンクールでめちゃ悔しい思いをしている人」
「でもやっぱあの感覚って今でも新鮮なんだよね~・・・また見てみたいな~・・・」



「そうだ、コンクール見に行こう・・・」

てなわけで、コンクール行ってきました!
前置き長すぎました?ここからが本編ですので下の方へどうぞどうぞ。。

2017年愛知県吹奏楽コンクール「高等学校の部県代表選考会」に行ってきましたよ

f:id:shima_c_nagoyachaya:20170811145952j:plain
去る8月9日、ちょうどこの日は高校の部の愛知県代表選考会が開催されていました。
会場は、名古屋国際会議場センチュリーホールです。

f:id:shima_c_nagoyachaya:20170811150024j:plain
名古屋国際会議場 主催者・運営会社の方 施設案内

ご存知の方も多いかも知れませんが、この会場、実は
全日本吹奏楽コンクール(いわゆる全国大会)中学校・高等学校の部の会場なんです!
全国大会の会場で代表選考会をやるなんて・・・なんて贅沢・・・う、うらやましいです・・・

因みに過去の話をしますと、名古屋で全国大会をやる前は東京の普門館という場所で行われていました。
これがまたメチャクチャ大きな会場だったんです!
舞台がめちゃ広い!会場が大きいので音を飛ばすのにも一苦労!・・・そんな会場でした。←30代以上の方にはお分かり頂けると思います・・・

恥ずかしながら、センチュリーホールに行ったのは今回が初めてでしたが、こちらのホールすごく良いです!
とはいっても収容人数は約3000人なので、会場一杯に音を響かせようと思ったらバンドに結構なパワーが必要だとは思います。
音はどちらかというと上に飛んでいく感じなんですね。私、前半は1階席、後半は2階席で聞いていましたが、断然2階席の方がはっきり音が飛んできました!
そんなこともあってか、審査員席も2階席真ん中前方に設置されていました。

さぁ!ということで、肝心の演奏です。
やっぱり県大会金賞のバンドばかりですので、レベルがワンランク上でした!
音量に関してはどの学校も文句なしだったと思います。
でも、代表に選ばれた学校は全体の音のまとまりや響きが非常にクリアで、細部までしっかり聞かせることができているなぁと感じました。
だからといって、それ以外の学校も、それぞれの個性が非常に良い形で表現されていたと私は感じました。個人的には好きだった音の学校もありましたが、残念ながら代表にはなれませんでした・・・
まとめると、どの学校もめっちゃ熱演!どれも優劣つけ難いとても良い演奏を聞かせていただきました!!

吹奏楽にも流行りの音ってある!?

これは私の個人的な感想なのですが、コンクールでウケの良い音って年々変わっていると思います。
まぁ日本の学校吹奏楽部のレベルが年々上がっていることに起因しているとは思いますが、
1980年代くらいまでは、とにかく爆音!系の学校が多く、曲の作り込みも今に比べるとかなりダイナミックな曲作りをしていたのではないかと感じています。
そこから90年から2000年位までは、そこにシンフォニックな音が求められてきたように思います。ただ単にピッチ(音程)を合わせるのではなく、和声も取り入れていかにバンドとして美しい音(=オーケストラのような音)を奏でられるかに年々比重が置かれていった年代だと感じます。ですので、それまでバンドのメンバーの個性でバンドの音が左右されていたところから、全体での音の統一がされているバンドが支持されていったのではないかなぁと思います。
それ以降は、この90年代以降に確立されてきた音作りが年々ブラッシュアップされて、全体の音の統一に加えて、そこに演奏者のテクニックを求める傾向が出ているように感じます。
最近コンクールでよく演奏される曲の譜面を見てみると、20年前とは比べ物にならないくらい曲の難易度が上がっています!私はバリトンサックス吹きですが、同じ曲(クラシック曲)の当時のアレンジと今のアレンジを見比べると、明らかに音符が多いです(笑)。なかなか初見では演奏しづらくなりました・・・私がおっちゃんになっただけかも知れないけど・・・
そんな流れがあって今の吹奏楽の音があるのかなぁ、、、と思いながら各学校の熱演を聞いておりました。
あっ!あくまでも個人的な意見なので、賛否両論はあって当然です。感じるところは人それぞれ、それが芸術だと思いますので、これが全ての意見ではありません。
みなさんそれぞれで一番いい音ってなんなんだろうと追求してみるのも面白いと思いますよ。

『キャー!!』これはいつの年も変わらないですね~・・・

f:id:shima_c_nagoyachaya:20170811150849j:plain
全ての演奏が終わると審査の集計、そして代表団体の発表となります。
結果発表を待つ間のなんともいえない緊張感がホール全体を包みます。
そして、結果発表!
「代表団体を発表します。〇番○○高校、△番△△高校・・・」
「キャー!」「キャーー!!」「ウオーーー!」
この歓声です。この光景はいつの年も変わりませんね!それだけ毎年吹奏楽部の皆さんがひと夏をかけて一生懸命に取り組んでいる表れだと思います。

と、そんなことを遠い目をして思う私・・・はい!らしくありません!!(笑)

代表選考会の詳しい結果についてはこちらに掲載していますので、こちらからご確認くださいね~
nagoyachaya.shimablo.com


そんなこんなで、久しぶりに吹奏楽コンクールを聞きに行ってみました!
改めて愛知県のレベルの高さを実感しました!
代表に選ばれた学校の皆さん!!
ぜひ東海大会も頑張ってくださいね~!!

島村楽器 イオンモール名古屋茶屋店は管楽器奏者・吹奏楽部のみなさんを応援しています

展示管楽器情報

www.shimamura.co.jp

みんなで吹奏楽やりませんか?島村楽器吹奏楽団、団員募集中!

島村楽器イオンモール名古屋茶屋店の吹奏楽団を結成しました!
只今団員大募集中です!詳しくは下のリンクからご覧ください。
nagoyachaya.shimablo.com

これまでの練習レポートはこちら

nagoyachaya.shimablo.com
nagoyachaya.shimablo.com
nagoyachaya.shimablo.com



この記事は私がお送りしました!

f:id:shima_c_nagoyachaya:20161125213621j:plain

担当 宇野(うの)
プロフィール 13歳より中学校吹奏楽部でサックスを始める。主にバリトンサックスを担当し、中学・高校では学生指揮者も担当。大学時はマーチングパーカッションをメインで演奏する傍ら、地元高校OB吹奏楽団にて引き続きサックスを演奏。同時に出身高校吹奏楽木管低音パートの指導も行う。大学卒業後はSoul,Funkバンドにおいてもホーンセクションとして演奏活動を行う。現在はYanagisawaシルバーソニックバリトンサックスを所有し、名古屋市内の吹奏楽団においてバリトンサックスを担当。
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.